休館・展覧会のご案内

【宮本三郎美術館・宮本三郎ふるさと館 休館のご案内】
2018年12月10日(月曜日)〜21日(金曜日)まで、展示替えのため休館させていただきます。ご了承下さい。

【展覧会】

◆[宮本三郎美術館] 企画展 それから〜宮本三郎の挑戦〜

絵画の研究家でもあった宮本三郎は、様々なスタイルを取り入れ、作品の風合いを変えていきました。それは、自身の新しい表現を求めた挑戦の軌跡ともいえます。本展では、戦後においてどのように自身の表現を開拓していったのか、作品とともに紹介します。
・会期:2018年12月22日(土曜日)〜2019年3月10日(日曜日)
・開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)
・会場:宮本三郎美術館(小松市役所前)、電話0761-20-3600
・休館日:年末年始(12月29日〜1月3日)
・入館料:一般400円・大学生200円(宮本三郎ふるさと館と共通)、高校生以下無料

◆[宮本三郎ふるさと館] 企画展 宮本三郎のアトリエにようこそ!

1935年(昭和10)宮本三郎が30歳の時、アトリエ兼自宅を世田谷区奥沢(現宮本三郎記念美術館)に構えました。建物の主要部分がアトリエであり、壁面は白色の漆喰塗り、柔らかな日差しを取り入れるため、北側に大きな窓が設けられました。
本展では実際に使用した家具や花器、衣服などを作品と合わせて展示します。宮本がどのような生活をおくっていたのか、そしてどのような人物だったのかを身近に感じていただければ幸いです。
・会期:2018年12月22日(土曜日)〜2019年3月10日(日曜日)
・開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)
・会場:宮本三郎ふるさと館(小松市松崎町)、電話0761-43-3034
・休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日〜1月3日)
・入館料:一般400円・大学生200円(宮本三郎美術館と共通)、高校生以下無料




【関連イベント】

―宮本三郎美術館― 電話:0761-20-3600

◆学芸員ギャラリートーク《申込不要》
2019年1月14日(月・祝)、2019年2月17日(日)いずれも14時〜

◆美術館でヨガ《要申込》
宮本三郎の代表作《日本の四季》を鑑賞後、作品の前でヨガを行います。
[1回目]2018年12月25日(火)10時〜11時15分/申込期間:12月8日(土)〜20日(木)
[2回目]2019年2月5日(火) 10時〜11時15分/申込期間:1月19日(土)〜31日(木)
・講師:大田垣美菜子
・参加費:400円(展示観覧料)、中学・高校生無料
・対象:美術鑑賞とヨガが好きな方
・持ち物・服装:ヨガマット、飲み物、動きやすい服装

◆アートなカレンダーを作ろう《要申込》
いろんな絵画技法を使って4月始まりのカレンダーを作ってみよう!
・日時:2019年1月27日(日)9時30分〜11時30分
・参加費:小学生無料、一般400円(展示観覧料)
・申込期間:1月5日(土)〜20日(日)
・対象:小学生(3年生以下は保護者同伴)
・定員:12名
・持ち物・服装:飲み物、汚れてもよい服装

―宮本三郎ふるさと館― 電話:0761-43-3032

◆親子凧作り教室《要申込》
・日時:2019年2月2日(土)10時〜15時
・参加費:凧一つにつき500円
・申込期間:1月12日(土)〜27日(日)
・対象:小学生親子
・定員:15組
・持ち物:画材(マジック・水彩絵の具など)、ハサミ、飲み物 ※昼食に、おもちとトン汁がでます
・服装:汚れてもよい温かい服装(長靴)

◆クラシックピアノコンサート《申込不要》
・日時:2019年3月10日(日)14時〜15時
・出演:伊藤裕子
・参加費:コンサート中は入館無料
・定員:50名





小松市立宮本三郎美術館
〒923-0904
石川県小松市小馬出町5番地
TEL 0761-20-3600
mail:msm@city.komatsu.lg.jp
【分館】
宮本三郎ふるさと館
〒923-0982
石川県小松市松崎町16-1番地
TEL 0761-43-3032

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立本陣記念美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.