ふるさと館企画展「絵画制作入門―デッサンからの展開―」

 宮本三郎は生涯を通し、数多くのデッサン・スケッチを遺しました。紙と鉛筆があればすぐに描きとめることを習慣としており、またモデルを前にしたアトリエでのデッサンを、毎朝欠かすことがなかったといいます。デッサンは日頃積み重ねた研鑽の軌跡であるとともに、一点の油絵を描くための準備段階として、コンセプトやテーマを描きとめるための下絵の役割も果たしています。デッサンの魅力の一つとして、画家が何にこだわって描いたのか、対象のどこに惹かれたのかを、鮮明に見て取れる点が挙げられます。
 本展では、油絵とその制作過程で描かれたデッサンを組み合わせて紹介することで、デッサンから本画へと展開するプロセスをたどります。作品から、モデルの現実の姿と自分が描きたいものとの境界を模索する、宮本のまなざしを感じていただければ幸いです。
 宮本のデッサンには、一本の線が線に与えられた役割を超えるほどの量感、躍動感、生命力が備わっており、「無類の素描家」とうたわれた巧みな技術が見受けられます。今秋開催の「第3回宮本三郎デッサン大賞展」とあわせてお楽しみください。


会期:平成27年6月27日(土)〜11月3日(火・祝)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日

開館時間:午前9時から午後5時(但し入館は午後4時30分まで)

入館料:一般400円(300)円/大学生200(150)円
*( )内は20名以上の団体料金 *高校生以下は無料
※宮本三郎美術館と共通料金 

会場:宮本三郎ふるさと館 小松市松崎町16−1 TEL 0761−43−3032

小松市立宮本三郎美術館
〒923-0904
石川県小松市小馬出町5番地
TEL 0761-20-3600
mail:msm@city.komatsu.lg.jp
【分館】
宮本三郎ふるさと館
〒923-0982
石川県小松市松崎町16-1番地
TEL 0761-43-3032

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立本陣記念美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.