特別展オープンしました! 「宮本三郎と鴨居玲」

【開催概要】

昭和21年、金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)の開校にあたり、郷里に疎開していた宮本三郎は洋画科で教鞭を執りました。第一期生として入学した鴨居玲は、父の知人であった宮本に師事し、深く傾倒して教えを受けます。宮本が二紀会を結成すると、鴨居は在学中に初入選を果たし、早くもその才能を開花させます。そして二人は生涯にわたる師弟関係を結びました。 晩年、生命賛歌をテーマとした華麗な裸婦の連作へと展開する宮本と、深く暗い色調の中にわずかな光を求める鴨居の作風は対照的といえます。しかし二人の作品は見るものを惹きつけて離さず、年月を経た現在でもなお私達を魅了してやみません。 本展では、石川県洋画を語る上で欠かせない存在となった二人の画業を、約50点の作品と遺品によって紹介いたします。

会期=平成26年10月11日(土)〜11月24日(月・振)会期中無休
開館時間=午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料=一般400(300)円、大学生200(150)円、高校生以下無料
※宮本三郎ふるさと館と共通 ※( )内は20名以上の団体 ※こまつミュージアム・パス対応

【関連イベント】

10月12日(日)午後2時〜(約1時間)
「何でも聞けーる解説会」
(石川県立美術館 普及課長 二木伸一郎氏によるギャラリートーク)

10月11日(土)、11月8日(土)午前11時〜、午後2時〜
「こまつ再発見DAY!」
(担当学芸員によるギャラリートーク)

11月2日(日)午後2時〜
(担当学芸員によるギャラリートーク)

小松市立宮本三郎美術館
〒923-0904
石川県小松市小馬出町5番地
TEL 0761-20-3600
mail:msm@kcm.gr.jp
【分館】
宮本三郎ふるさと館
〒923-0982
石川県小松市松崎町16-1番地
TEL 0761-43-3032

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立本陣記念美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.