館蔵品展「古き良き日本画」開催の案内

 日本画愛好家の方、必見!

 いわゆる「日本画」という用語は、本来、明治時代に西洋から入ってきた「油彩画」や「水彩画」、あるいは西洋的な手法を用いた絵画と区別するために用いられ始めた便宜的な言葉です。
 本展のタイトルである「古き良き日本画」とは、制作された時代を問わず、日本人がずっと昔から変わらず愛してきた作品のことを指しています。
 本展では、日本画のもつ抒情性、装飾性、あるいは筆づかい、岩絵の具や墨といった画材など日本人が好む絵画の傾向から作品を紹介しました。
 日本画になじみのない方も、一度、ゆったりとした日本画の気分を味わってみませんか。 

   
■内容   作品数   日本画34点
      主な作家  竹内栖鳳 川合玉堂 平福百穂 
      小林古径 安田靫彦 前田青邨 
      堂本印象(写真下「春光を背に」↓ など

■会 期  平成28年3月29日(火)〜6月19日(日)

■会 場  小松市立本陣記念美術館

■休館日  月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日

■開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

■入館料  一般300円 高校生以下無料
       *こまつミュージアムパスが利用できます

■主 催  小松市立本陣記念美術館(問合せ 電話0761-22-0714)


小松市立本陣記念美術館
〒923-0903
石川県小松市丸の内公園町19番地
TEL 0761-22-3384

当館について
ご利用案内
アクセス
販売図録・グッズ一覧表
年間スケジュール

小松市立博物館
小松市立錦窯展示館
小松市立宮本三郎美術館


copyright(c) komatsu city All Rights Reserved.